目立たないタトゥー隠し|カバー力の高いコスメ化粧品

上手に使って予防する

美容クリーム

専用のもので予防する

妊娠線を予防するには専用のクリームを使う事が大事です。普通の保湿クリームでは肌の表皮までしか保湿する事は出来ません。妊娠線が出来るときに1番最初に避けてしまう場所は真皮の部分です。これは表皮の下の層になりますが、妊婦は妊娠時のホルモンバランスの変化でこの部分まで栄養がいきません。保湿をすることで妊娠線が出ないようにする事は非常にいいのですが、真皮まで届くものかどうかが重要になってきます。専用のクリームであればきちんとケアする事は出来ますが、真皮まで届く浸透力があれば通常のものでも問題ありません。美容成分や浸透力などを重要視する事が大事です。乾燥しやすい時期や時間帯などは、多めに塗る事で妊娠線を予防する事が出来ます。

知っておきたいこと

クリームは体重増加が激しすぎると妊娠線が消えなかったり出来てしまう可能性があります。つまり食事面や運動などで妊婦として大事な体重をキープしていくことが大事です。また大事なのは出来てから塗るのではなくて出来る前に予防することが大事です。できれば肌に栄養をおくって肌を活性化させる効果があるものが大事です。クリームを塗り始める時期はお腹が大きくなる4ヶ月始めぐらいからが一般的です。ただ双子や三つ子などお腹が大きくなりやすい場合は、もっと早めに使用していく必要もあります。仮にきちんとケアをしていて妊娠線が出来てしまっても気にする必要はありません。後から消すことも出来ますし、日本人の肌の色ならばそんなに目立つ事はありません。